panpanの10輪&BoatRace・Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 「鶴見川の源流を訪ねて」・・・ちかれた

<<   作成日時 : 2008/08/15 10:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

子供の頃から身近にあり、拡幅前は台風が来るたびに氾濫していた地元の一級河川「鶴見川」。
昔から両岸にはサイクリングコースや遊歩道が整備され、最近もよく利用しています。
が、河口まで(鶴見区R15)まではしょっちゅう走るのですが、道幅が狭く雑草生え放題の上流には脚が向かない。
市ヶ尾(R246)まではたま〜に走りますが。

画像


というわけで、下流だけでなく上流もドンツキまで行ってみたくなって、源流まで走ってきました。

画像
                        川向橋を左岸に渡ってスタートです

画像
                    R246をくぐってしばらくすると雰囲気が変わってきます

携帯地図でルートを確認しながら進んで行きますが、段々と川沿いを走れなくなってきます。途中は一般道です。
このあたりでRYUJIさんより入電。オレカさんに3時の召集が
行ったことなかったので「時間があったら行きます」と返事をし、さらに上流を目指します。

画像
                      ずいぶんと山ん中まで来た気分になってきました

画像
                             あと300mという立て看板

画像
                             ほどなくして到着しました

画像
                          思ったよりこじんまりした場所でした

画像
                          泉の中央で冷たい水が湧き出ています

画像
                          周りを散策?できるように歩道があります

ここまでの距離、自宅から約30km・2時間弱。コンビニで昼食を食べたりしたとはいえ意外と時間掛かっちゃってます
20分ほど休憩し、泉の冷たい水で顔を洗って首に巻くバンダナを濡らしてから復路に突入します。
この頃、北の空からゴロゴロと雷の音が遠く聞こえ出しました。ヤバイかも・・・

画像
                              泉からすぐの正に「源流」です

用水路にしか見えませんが、正真正銘の「鶴見川」なんです。これが何本もの支流と合流して河口へ続きます。
来た道をちょっと省略して一般道を多めに走って帰りますが、向かい風が強めでちとシンドイす
2回の休憩と水の補給をして、3時過ぎに無事帰還しました。ポツポツ雨が落ちてきてギリギリセーフです

急いでシャワーで汗を洗い流し、155でオレカさんまで。自宅からはすぐなのですが訪ねるのは初めてです。
お店の前に停めてキーをメカの方に預けて店内へ入ると、RYUJIさんが代表の粕谷さんとお話中です。
ボクもちょっとでしたがお話させていただきました。内外のモータースポーツで活躍されていた粕谷さんですが、
とっても気さくな方でボクらのような素人さんの質問にも丁寧に分かり易く、楽しくお話してくださいました。

一時間ほどお邪魔して、RYUJI号の新マフラー音を視聴させていただきました。
確かに前のアーキュレィとは違う、音量も大きめな「やる気マンマン」系の音ですね

出掛けている両親に替わって実家に寄って飼っているチャボと金魚に餌をやり、会社にもちょっと寄ってから帰宅。
夕食を済ませてからカミさんと二人で港北NTのノースポート内ワーナーマイカルでレイトショー。

画像
           前から観たかった「クライマーズ・ハイ」を鑑賞しました。感想についてはまたの機会にでも。

なんだかんだと忙しい一日でしたが、突然でも誘ってくれるRYUJIさんにも感謝です。楽しいひととき、ありがとう





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
突然の誘いにのっていただき感謝です(^^

粕谷さん、良い悪いの判断が早くて結構好きなんですよ(笑
ぱんぱんさんのおっしゃるとおり、ハナシがボクみたいな素人にも分かり易く説明してくれるのも嬉しいです。

また、一緒に行きましょうね!
RYUJI
URL
2008/08/15 15:33
鶴見川の源流のそばまでは行ったことあるんですけど、こんな泉があるんですね。鶴見川の河口へは、今度息子と一緒にチャリで行く計画があるんですが、源流もいいなぁ。
ま、折りたたみ自転車では無謀なことはやめておきます。

オレカさん、何度か伺ったことがあります。
下棒の前後を取り付けてもらいました。その際、二時間なほど話し込んだ記憶があります。
蜻蛉155
2008/08/16 00:42
>RYUJIさん
近所なので時間があればまた行ってみたいです。
155にまつわる話っていうより走らせ方の話かな?

>蜻蛉さん
そばまで行ったんなら泉まで行ってみればいいのに(^^)
クルマで行ってもそんなに時間かからないですよ。
まあ、普通の折りたたみ車では行きたくならないですが。
ちょっと奮発して、いいフォールディングバイクならOKです! 
ぱんぱん
2008/08/17 16:50
見慣れた鶴見川って上流に行くとこんな風になっていたんですね。
行ってみたいけど私のばやい自転車じゃ無理かな。
ビアンコ
2008/08/21 22:24
>ビアンコさん
行ってみるとなかなか感動的?かもしれませんよ(^^)
水が冷たくて気持ちよかったですし。
下流〜河口付近からだとほぼ全長になりますが、
それだと片道だけで40km以上ありますもんねぇ(^^;
ぱんぱん
2008/08/21 22:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「鶴見川の源流を訪ねて」・・・ちかれた panpanの10輪&BoatRace・Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる