panpanの10輪&BoatRace・Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS まるで生き物のような・・・有機的?なクルマ

<<   作成日時 : 2009/03/18 23:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

土曜に主治医でオイル交換の際、いろいろとチェックを受けてわかったこと。
それは、やはりアルファロメオって刻々と変化していく乗り物なんだと。

たとえばエンジンにしても、V6ならバルブクリアランスの変化。

画像


納車整備でタイミングベルト交換と同時に調整してあり、最近までは静かなものでした。
今年に入ってからちょっとだけ耳に聞こえるようになり、次回のベルト交換時には調整を実施予定です。

足回りに関してはどんなクルマでもヘタリは来るものですが、40,000キロ超えでぼちぼち症状が。
Rショックとフロント・ロアアーム・ブッシュが怪しいのと、タイヤは完全に寿命です。
今年は車検だけど、それとは関係なく一つづつツブしていきたいと考えてます。

BD5の時はほとんどDIYで済ませてても問題なんて起きなかったのは国産車だったから。
輸入車、特にイタリア車(特にアルファ)はそうもいかないんですよねー。貯金貯金っと

余談ですが、155の場合はノーマルから車高が下がるとフロントのトー角はどっちに引っ張られるのでしょ?
ご存知の方、教えてください。
Fタイヤ(右のみ)の内側が偏磨耗してるってことは、キャンパー角以外の原因はあるのかしら・・・

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
車高下げると確かトーアウトだったと思います。
MATSU
2009/03/19 17:53
>MATSUさん
助言、ありがとうございました。
よーく観察してみたら、やはりトーアウトになるようです。
先ほど簡易測定して左右で2mmトーイン(角度は不明)に調整してみました。
ぱんぱん
2009/03/20 15:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
まるで生き物のような・・・有機的?なクルマ panpanの10輪&BoatRace・Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる