URLの由来・2stroke motorcycle

最近はとんとご無沙汰でしたが、久しぶりに長年の相棒「YAMAHA RZ」について書いてみようと思います。

Noguさんがご自身のブログに書かれていた「HyperBIKE・YAMAHA RZ」というムック本を見ました。
事前に同じくRZ乗りの友人所有のRZ250が取材を受けたと聞いていたので、発売後に本屋へ行くつもりでした。
最近は20日にしか本屋さんに行かなくなっていた(爆)せいもあり、ちょっとチェックが遅れました。

桜新町のTSUTAYAで一冊だけあったのでパラパラとめくると、お目当てのRZのページを見つけました。
全4ページにわたって紹介とインプレッションが書かれていまして、彼のRZが今でも絶好調なのを確認しました。
ヒカルさん、ちゃんと見たよー
近々どこかにRZで走りに行きましょうと約束してはいるのですが、まだお互いの都合で日程は決まってません。


ボクのRZ250(4L3型)のベースは1981年型のYSP仕様・スリーストライプのレッドです。
これは、それ以前から乗っていたRZ350(4U0)がカローラとの衝突事故により廃車となってしまい、
その時の保険金で新たに用意したベースとなるものでした。知り合いのバイク屋さんにて購入(7万円ナリ)

エンジンのフルO/Hも含め、フレーム単体になるまでバラして洗浄や必要なら塗装も施工。
外装はすべて初期型350のゴロワースカラー(ホワイト/ブルー2本ライン)を新品で用意しました。

                  ココでちょっと豆知識というか誤解無きよう記しますが・・・

画像

ゴロワースカラーと呼ばれたのは、RZ350(4U0)の最初期型に採用されたソリッドホワイトにブルー/スカイブルーの
「青い炎」をイメージした2本のラインが入ったタイプのみのことを差します。
よく後期の3本ライン、通称スリーストライプと呼ぶカラーリングもゴロワーズカラーだと混同している方がいますが、
それは間違いです(コレ、一番のコダワリ

すべてを組み付けて走れる状態になった二代目RZでしたが、
実はこのフレームは事故車なのでキャスター角がちょっとオカシイ。真横から見ると妙に「立って」いました。
いくらなんでもこの状態では乗り続けられないので、知り合いのバイク屋にフレーム修正を依頼して解決。

その後は乗ったり乗らなかったりの時期を繰り返し、合間に足回りを中心にしたカスタマイズを進めました。
フロントフォークからスイングアーム、Rショックに前後ホイール、ブレーキ・・・
ただ、RZが本来持つ美しいフォルムを崩さないように注意して、ちょっとだけ現代的な(当時としては)アレンジです。

このへんの作業は基本的にはDIY。各パーツの現物合わせに採寸、必要パーツの図面引きも自身で。
溶接やパーツの削り込みやアルミカラーの作成などは、その道のプロである友人達の手を借りました。

2ストエンジンの最後の要であるエキゾーストも、廃盤になって久しい「イノウエ・エンデュランス」を探し出し、
凹んでしまっている箇所をバーナーで炙って叩き出し、ステーを作って溶接してようやく完成

画像

途中、盗難に遭ったりして(一週間ほどで戻る)ガッカリした時もありましたが、
みんなのおかげで、やっと今のカタチになったのは5~6年ほど前。その後の3年ほどはあちこち乗り回しました。


画像
画像

RZは最初に50を手に入れてから350・250・125(YPVS付)と、RZV500以外はすべて乗ったことに・・・ならないですね。
その後のRZ-R/RRシリーズは所有したことないですから。もちろん、乗せてもらったことはありますけど。

この記事へのコメント

Nogu
2010年03月06日 00:16
RZネタ。嬉しいにゃ~。
350も250も初期型のカラーリングが一番好きです。
この350のカラーは当時、池沢さとしさんが描いていたマンガに出てましたよね。題名が思い出せない・・・
ナナハンキラーとして名をはせた350も良いですねぇ~。
僕が所有していたのは250のパールホワイト。
10万円で購入して9万円で売っちゃいました。
今思うと、取っとけばよかったなと後悔です。オリジナルカラーのフルノーマルでしたからね。(ウィンカーは格好悪いのでちっちゃいのに変えてましたが)
環境問題で2サイクルは死滅状態ですがRZが火を付けた80年代の2サイクルブームは凄かったですね。
最後のYAMAHAパラレルツイン2サイクルR1-ZこれもRZの流れが見れるデザインで良いですね。
R1-Zなら手に入るかな?
HONDAもVTで対抗しましたが結局NSからNSRと2サイクルに移行して行きましたね。その前に3気筒のMVXなんて変わり種もありましたね(^^)
いやぁ~懐かしい。
なにやら悪い虫が騒ぎそうです。
今度、350(250?)と50の撮影会しましょうか?
ご無沙汰でした
2010年03月06日 00:33
ひかるです。三栄書房からまだ本は送られて来てません。リンドバーグで立ち読みしました。
RZ50の登場のほうが当時は衝撃的でしたね僕は。借りて乗ってすぐ捕まって家裁送りになった過去がありますね。1GV今乗ってもガツンと来るモノがありますね、ミャウと啼く声とは裏腹に。
実は今日、いや昨日ですね逗葉新道で第1交機に捕獲されてしまいました、ドカで。
ツーリング行きましょうね。
GI
2010年03月06日 13:23
治して久々に乗るかなぁ
まつぢゅん
2010年03月06日 17:59
結構、愛着とこだわりが感じられますね。
単車とか詳しくないですが、読んでいると一つ一つにこだわりと、自分で手を入れて手間と時間をかけて作り上げるっていいですね。

あー、なんかそういうのって凄く好きです。
クラシック・ベスパが欲しくなってきたなぁ。
ビアンコ
2010年03月06日 19:20
乗ったバイクで2ストロークは、50CCのミニトレ(ヤマハGT50)だけでした。その後カワサキ、ホンダ、ヤマハ、スズキ、ホンダと乗り継ぎましたが、全て4ストロークでしたね。(単気筒から4気筒まで)
「エンブレの効かない2ストは嫌いだ」と思いつつ、スロットルが引っ掛かって戻らなくなったSR400に乗ってまった(笑)
ぱんぱん
2010年03月06日 21:29
>Noguさん
ブログに反応させていただいちゃいました
R1-ZはRZとはちょっと毛色が違いますがいいバイクですよ。
パラツインの傑作エンジン(1KT系)を積んでますし。
池沢氏の漫画は「街道レーサーGO!」です
>ひかるさん
ちとブルーな週末になっちゃいましたね
1GVはエンジンよりハンドリングにインパクトがありました。
今は無きフロント16インチだったけど、
ホンダみたいに切れ込んだりしなくてヤマハらしい感じでしたよ。
まあ、やっぱり4U0のバランスが一番シックリくるかな。
>GI君
もうちょっと天候が安定してきたら乗りますか!
近場でね。自転車で100km走るよりRZで50km走るほうが疲れる・・・
>まつぢゅんさん
お金がなかったせいもあるけど、自分で仕上げたので愛着が
オイルが廃盤になったら飾るしかないけど、絶対に手放せません。
>ビアンコさん
あの頃は2st派と4st派に分かれてましたよね、確かに。
ボクは逆に4stのエンブレを不自然に感じてたクチなので。
今まで所有したバイクで4stはシグナスXただ一台でした(売却済み
メーカーもヤマハ一辺倒ですが、スクーターはホンダのほうが出来がよいと思いました。
kadryo♪
2010年03月06日 22:41
僕はF16インチのCBRだったから、RZは曲がらなくて恐かった覚えが…
YAMAHAって、乗せてもらったのも含めてほとんど乗った事がないんだよねぇ~σ(^◇^;)ポリポリ

でも、いい時代でしたね♪
蜻蛉155
2010年03月06日 22:56
kadryoさんとは逆に、僕は前後18インチのCBX400Fだったので、RZは軽くて曲がりすぎて怖かったです。友人のNSR(88年式)も乗せてもらったことがありますが、こちらは速過ぎて怖かったです。

RZは初期型も好きですが、二代目のアッパーカウル付きも好きでした。キーをONにして、YPVSの稼動音が聞こえるとワクワクしましたねぇ。80年代の2stバイクは一台持っておきたいな。
ぱんぱん
2010年03月06日 23:03
>kadryoさん
ハハ両極端なメーカーでした>HとY
ホンダはフロントから入っていくタイプで、
ヤマハはスロットルを入れて曲がる造りでしたねぇ。
「リア・ステア」なんて言われ方してたけど、
結局バイクの曲げ方ってそれしかないんですがね。
だからフロントから入るバイクってタイヤのグリップに
依存し過ぎで違和感があったのかも。
RZはリアが滑っても怖くなかったし
今はそこまで追込めましぇんが
ぱんぱん
2010年03月06日 23:09
>蜻蛉さん
CBX400Fも手元に置いておきたい一台だねぇ。
出来れば550FのWインボードディスクにしたいけど。
NSRの88~89'は速すぎて直線番長だった
初代RZ-R(29L)は「新幹線」とか「おむすびテール」とかって呼んでたっけ。
「キラーBoy」という漫画でケンタ君が乗ってました。
初期型より維持は楽かもしれませんね(大差ないか・・・

この記事へのトラックバック