エンジンオイル交換の巻~

先日の日曜日、天気もよいのでバイクで一回りしようかと思っていたのです。
しかし、もたもたしているうちに風が強くなってきました。
軟弱なボクは風が強い日はあまり好きではありません。つかキライです
一番の理由は目にホコリが入ってしまうのがイヤなんですよね。今使ってるサングラスじゃ防げないし。

なので、サイクリングはヤメてクルマのオイル交換をすることにしました。
画像


106S16のオイル容量はフィルター交換有で3.5L、無で3.2L。4L缶で余ってしまうくらい。
主に半合成油を使っていますが、今回はお値段に負けてC社のXF-08・5w-40です。
100%化学合成油も時々入れてみたりもしましたが、このエンジンは粘度のほうに敏感みたいです。
10wだとちょっと重い感じがしたので、最近はずっと5w-40を選んで入れています。
交換作業自体はジャッキアップしてドレンから抜いて、新しいオイルを入れて終了。

ついででしたので、アイドル・コントロールのソレノイドを掃除してやりました。
画像

まずはスロットルバルブの四つのカプラーを抜き、スロットルケーブルとダクトも外します。

画像
        あとはサージタンクとの接続ボルト三本を外したら、スロットルバルブが外れました

アイドルコントロール・ソレノイドは二本のトルクスビスで留まっていて、Oリングでシーリングしてあります。

画像
                       見ての通り、プローバイガスが炭化して真っ黒です

時々アイドリングで不整脈が出ていたので、ココの汚れが原因だろうと。

画像
                           パーツクリーナーでピカピカ

あとは元通りに組み直して終了。エンジンを掛けてみて問題がないか、それとオイル量をチェック。
昨日ミナーモに乗って行った時には新オイルのせいもあってか絶好調不整脈も治まっていました。

155のオイルは3/1の【朝箱】前にフィルターと共に交換済。銘柄は「Hiroko 15W-50」半合成油。

画像
これは前回から使っている合成ひまし油配合のオイル
このオイルは都合4000km程しか使っていないことになりますが、前回の交換が昨年5月。
6リッターで約\12000と高価なのですが、いくらなんでも日にちが経っていたので交換に踏み切りました。
エンジンフィールには全く不満はなかったですし、回した時の油圧も新品時とほぼ変わらず。
色はさすがに黒っぽい茶色にはなっていますが、これは汚れを取ってくれているオイルの色ですよね。

そのせいか、新品に交換後も「オイル交換した!」という変化は感じられないくらいです。
距離だけで交換サイクルとするならば、10000kmくらいは楽に持っちゃうかもですね。
まあ、気分的にすっきりしたせいで155は絶好調で機嫌よさそうな音を奏でてくれてますYO

"エンジンオイル交換の巻~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント