panpanの10輪&BoatRace・Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 消滅した車名たち

<<   作成日時 : 2006/09/14 23:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

輸入車ではあまり聞かないというか、
アルファなら数字が進んじゃいますから当たり前なんですけど、
国産車の中には昔あったけど、今は名前も残っていないクルマがあります。
先日、ほんとに十数年ぶり?くらいにこんなクルマに遭遇。
画像
                   ニッサン・オースターです。

実はこのクルマ、当時は結構好きだったんですよ。今見るとブサイクですが(^^;
バイオレット、オースター、スタンザの三兄弟でしたよね、確か。

「スカイラインズ・ミニ」とかってのはラングレーでしたが、
これはパルサーの兄弟車だったからオースターとは違う中身ですね。
リベルタ・ビラってのがこいつの兄弟か・・・混乱してきた;(^^);

こうやって振り返ってみると、今はもう消えちゃったクルマってたくさんありますよね。
「なんか印象に残ってるクルマ」って、何がありますかねぇ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
消えてしまったクルマで思い出すのは、ブルーバード・マキシマですね。
うちの親父が乗っていて免許取りたての私と首都高で練習した覚えがあります。
Bピラーが無く、窓を開けた開放感はよかった。北米仕様のデカイバンパー、そしてドッカンターボのV6は面白かったです。
松永@186/250
2006/09/14 23:33
ありましたねぇ、兄弟車ってヤツ。最近はそういうの無いですけど。
確か、FF化されたU11系ブルーバードを基にしていてブルーバード、オースター、スタンザの3兄弟だったような気がします。T12って型式。その前のT11まではバイオレットと兄弟(姉妹?)だったような・・・。う〜ん忘れた。

学生時代のバイトで当時の日産車は乗りまくりましたが、思い出深くて消えてしまったのは、テラノですね。 MTを駆使して早く走らせるのが意外にも楽しかったです。
蜻蛉155
2006/09/15 00:01
松永さんが挙げているマキシマも好きだったな。
港302が欲しかったなぁ。>F31レバード・アルティマ(後期型)
港303のゴールドツートンのレパード(前期型)も
憧れませんでした?(笑)
にしやん@ピ・ピ・ピ・ピッ 港署より各移...
2006/09/15 01:36
この三兄弟って、確か日産の『世界戦略車』って位置づけだったような・・・

印象に残っている車といえばB110型サニーでしょうか。
A12エンジンはOHVとは思えないほどよく廻リ、レースではPGC10(箱スカGT-R)の50勝なんて足元に及ばないほどの勝利数を上げています。

トヨタは対抗して3K(だったかな)にDOHC4バルブ・ヘッドを乗っけたKP47スターレットで、やっと互角に・・・

東名(故鈴木誠一)、土屋・・・vs TOM`S(舘・大岩モータースポーツ)、クワハラ等の戦いは見ごたえがあった。
A12(B110)は数々の名チューナーを排出し、名ドライバーを育てました。

バイクに続き、此方でも年齢がバレてしまう鴨。
ビアンコ
2006/09/15 12:04
思い出してみると、日産だけでもかなりありますねー。
一度、国産車の消えた車名を思いつくもの全部挙げてみたいですね。

マキシマは元々対米輸出車でしたが、今もあるようです。
テラノはアメリカでは「パスファインダー」でした。こっちのほうがかっこ良くないか?
レパードはあぶ刑事の影響で相場が高騰しましたよねー。
ドラマの影響ってスゴイです。
そのあと出た4ドアの最終型はヒドイもんでしたが・・・

110サニーvs47スターレットの時代はホント凄かった!
あの頃でA型は1万回転オーバーまで回っていたんですよね。
トムスは16バルブヘッドなんて大人げない手を使いましたけど、サニーは負けませんでした。
SBシビックはストレートが滅法速くて・・・

ヤバ! もう歳サバ読めない・・・(自爆
ぱんぱん@港署って大阪にあるのね
2006/09/15 18:59
ビアンコさん、懐かしいです!
中学のころグランチャンを見にサーキットに行くと前座のレースで走るオレンジの東名サニーがとても印象的でした。
サバンナRX-3と柳田(セントラル20)zもかっこよかったな〜
でもzは今もありますね。
自分も乗ってた2.8の430セドは、なかなか良かったです。
なんでフーガになっちゃたかな?

http://sky.ap.teacup.com/panda/
ma-34
2006/09/15 19:00
ここまでの書き込みで登場した車名はすべて消滅してますね。

ma-34さん>
このころからプラモデルに熱中してましたよ。
RX-3とS30Zはマルイのが出来も秀逸でした。何台も作りました。
シャーシは同じという、最近はフジミでもやらない方法でよく成立させてたもんです。
マルイといえば、ドアオープン可能なカウンタックは今でも語り草です。

ぱんぱん@赤い稲妻も好きYO
2006/09/15 22:45
#港302
わー懐かしいです。当時ハイソ・カーの代表ソアラよりもレパードでしたね。
たまプラーザで撮影していたことがあって、生タカ&ユージと302を目の前で見ていました。
先日、パルサーEXA見ましたよ。フルノーマルで驚きました。
松永@186/250
2006/09/15 22:58
ma-34さん、
私もグラチャン行きましたよ。グランドスタンド裏で族がパレードしていた。
RX-3は片山義美と従野孝司の異母兄弟でしたね。
Zの柳田春人。星野や中嶋もそうですが、息子は親父を超えられるのでしょうか?
琢弥は親父の黒沢元治を超たとはいえませんもんね。
430でしたか。L形エンジンは迷機だけど名機ですね

SBシビックは、ヤマト・シビックでした。
パルサーが出てきたら、チェリーを忘れちゃいけませんぜ。オーバーフェンダーの着いたX1-RってのがありましたYO。
星野一義だって、チェリーの星野と呼ばれ名を馳せた。
ビアンコ
2006/09/15 22:58
チェリーX1-Rは熱いFFでしたよねー。
もちろん、コイツが現役の時は少年でしたから運転出来るワケもないのですが。
まだFF車が珍しい頃で、ホンダは1300・99Sとか無茶なクルマも売っていました。
DDACにはどんな拘りがあったのか、当時の設計者に聞いてみたい・・・
ぱんぱん@「GENERAL LEE」って...
2006/09/16 20:28
空冷に拘ったのは「宗一郎」氏だったようで、その思想を具現化(実用化?)させたのがDDACって事なんですね。
しかし、マスキー法をクリアさせるべく開発したCVCCエンジンで希薄燃焼させるのには「空冷では無理」だと、若手エンジニアが説いてもなかなか納得しなったとか。
ビアンコ
2006/09/16 21:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
消滅した車名たち panpanの10輪&BoatRace・Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる